盗撮された映像はどこに行くのか?

2月 4th, 2015

それでは盗撮された映像はどこに行くのだろうか?盗撮犯が趣味としてコレクションしているのだろうか?

残念ながらそんな事はない。個人で楽しんでくれているだけなら安心なのだが、それは絶対にないと言いきっておこう!

盗撮映像専門の買い取り業者

日本には盗撮映像専門で買い取りを行っている業者が存在している。全国の盗撮ファンからの映像を高値で買い取っているのである。中でも温泉での盗撮は人気で1時間の映像で40万円以上の買い取り値がついたりするから驚いてしまう。

一部の盗撮マニアはこうした業者に販売して生計を立てていると言われているのだ。

彼らに買い取られた業者はインターネットだけではなくて全国のレンタルビデオ店の店頭に並ぶ事になってしまう。こうなってしまえば家族や会社にバレてしまうのは時間の問題だろう。

残念ながらこうした業者の存在が盗撮被害を加速させてしまっているのではないかと思う。

リベンジポルノ

もうひとつはリベンジポルノとしてインターネット上に流されることが挙げられる。その名の通り復讐である。

業者に流れるよりもタチが悪いのかも知れない…

国内のサーバーであれば削除依頼を出すなりして対処方法があるかも知れないが、海外サーバー経由で流されてしまうとどうやっても削除する事は出来なくなってしまうだろう。

リベンジポルノの場合は諦める以外に方法はないと言えるだろう。

 

小型カメラで盗撮されるデリヘル嬢

2月 4th, 2015

もしかしたら日本で一番盗撮の被害にあっているのはデリヘル嬢なのかも知れない。

店舗型の風俗店と違ってラブホテルや自宅に呼ばれることが多いデリヘル嬢だからこそ、簡単に盗撮されてしまう…

例えば自宅であれば前もって小型カメラを設置しておく事はそんなに面倒な事ではないだろう。火災報知機型であれば天井に設置しておけば良いだけなので誰でも盗撮の準備をしておく事が出来るのだ。自宅に派遣された事があるデリヘル嬢の75%が盗撮の被害にあった事があると言う統計もあるくらいだ。

ラブホテルの場合はどうだろうか?

ラブホテルでの盗撮と言うとホテル側がカメラを仕込んでいる事を想像するかも知れないが、利用客が設置するケースがある事も忘れてはいけない。まえもって設置するのは難しいかも知れないが、腕時計型の小型カメラやライター型の小型カメラであればテーブルの上に置いておいて盗撮する事は可能だろう。世間知らずが多いデリヘル嬢ならこれらの盗撮用の小型カメラに気が付く事はまずないだろう。

盗撮犯からしたら相手は売女だから遠慮する事もない。その様な仕事をしている女の方が悪い!と言う理論が成り立つので遠慮する事はないだろう。

この様にして日本で働いている多くのデリヘル嬢が盗撮の被害にあってしまっている事を知っておいても損はないだろう。

どんどん値段が下がっている小型カメラ

2月 4th, 2015

どうしてここまで盗撮事件が増えてしまっているのだろうか?

それは小型カメラの値段が急速に下がって来ている事に関係しているのではだろうか?誰でも手に入れる事が出来る値段になっているのはかなり重要なファクターと言えるだろう。

小型カメラが登場したのは今から20年以上前と言われているが、発売当時は50万円以上する非常に高価なものだったのだ。これでは庶民は手を出せない。一部のコアな盗撮犯がローンを組んで買うしかなかったのだ。

ところが現在では一番安いもので1万円を切るものも存在している。これならば庶民でも簡単に購入する事が出来る。そこまで盗撮に興味がない人でも彼女とのセックスを撮影したい…デリヘル嬢を盗撮したい…なんて事になる事は容易に想像出来るだろう。

この様にして盗撮と言うのは今でも増え続けているのだ。

 

盗撮映像が流出してしまった場合は?

2月 4th, 2015

どれだけ注意していたとしても盗撮映像が流出してしまう事はあるだろう。

いくら仕込まれている小型カメラに注意を払ったところでそれらを全て回避する事など不可能に近いからだ。実際に自分の映像が流出して仕舞った場合はどのように対処したら良いのだろうか?自分の身を守る意味でもしっかりと把握しておいた方が良いだろう。

警察に相談しても無駄

まず最初に思いつくのが警察への相談だと思うが、これははっきり言って無駄な行為である事を最初に言っておこう。確かに日本の警察は有能だ。世界トップクラスだと言っても良いだろう。

しかし、それは犯人に目星がついている場合のみである。誰が犯人なのか想定もつかない盗撮の場合は捜査が難航してしまう事が想定出来るので事件として取り扱ってくれない事がほとんどなのである。

それに相談した警察官も男である。盗撮映像が大好きである可能が高い。自分が好きな盗撮映像をわざわざ回収する事なんてするだろうか?私なら絶対にしない。そう、日本の警察官は優秀である前にスケベな男性なのである。警察に相談しても無駄である事は言うまでもない。

管理者に相談する

盗撮映像が流出してしまった場合は警察に頼るのではなく、自分の力でどうにかしようとするべきだろう。まずはサイトの管理人に連絡を取ってみる事をおすすめする。削除依頼と言う方法で連絡してみると良いだろう。

この時点で管理者が人徳者であれば削除に応じてくれるだろう。

スケベな管理人であれば無視されてしまうだろう。

こればっかりは実際にコンタクトをとってみないと分からない。

それでもまずは自分の力で連絡を取ってみて削除をお願いしてみるのが良いのではないだろうか?

盗撮用小型カメラが設置されている場所

2月 4th, 2015

そうは言っても実家暮らしをしているカップルならラブホテルを利用しないなんて事は考えられないだろう。

性欲は生理的なものであるからそれを我慢するは非常に体に悪い。どうしてもラブホテルを利用するのであれば事前にどこにカメラがあるのかを把握しておくだけでも安心する事が出来るのではないかと思う。

ベッドに置いてあるティッシュボックス

まず一番最初にチェックしてもらいたいのがティッシュボックスである。素人ならこんなところにカメラが仕込まれているなんて事は想像する事も出来ないだろう。しかし、最近の小型カメラは本当に進化していてティッシュボックスくらいの大きさがあれば簡単に仕込む事が可能になってしまっているのである。

側面を良く見てみるとレンズが仕込まれている事に気がつくだろう。ティッシュが入っていると思わせながら、中には小さな盗撮用のカメラが仕込まれたりしているものである。

火災報知機型の小型カメラ

どこのホテルでも必ず設置されてるものだから違和感を覚える人はいないだろう。これが盲点なのである。火災報知機は天井に設置されているから部屋全体を撮影するのは非常に便利だ。しかも怪しまれる心配はほとんどない。

これを悪用して貴方達のセックスを盗撮しようとしているのである。

以上が2大ラブホテル盗撮カメラである。

入室してからまずは上記の2点をしっかりとチェックしてもらいたい。少しでも怪しい雰囲気を感じたのであればそのラブホテルは利用しない方にした方が良いだろう…

ラブホテルに仕込んである盗撮用の小型カメラ

2月 4th, 2015

小型カメラと言うのは驚くほど身近に存在していると言う事を理解して欲しい。自分には関係のない話だと思っている人もいるかも知れない。しかし、そんな認識では盗撮してください!と言っている様なものだとしっかりと認識して欲しい。そんなに甘いものではない事を分かってもらいたいのだ。

ほぼ全てのラブホテルに設置されている

にわかに信じられない話かも知れない。しかしこれからお話する事はまぎれもない真実である事を理解してもらいたい。

カップルの皆さんが良く利用するであろうラブホテル、全く安心して利用している人も多いのではないだろうか?

参考記事:女性がラブホテルを敬遠する理由

しかし日本にあるほとんどラブホテルには盗撮用の小型カメラが設置されていると言う事実を忘れないでもらいたいのである。

普段何気なく使用しているラブホテルにカメラが仕込まれていると知ったら貴方はどうだろうか?それでも積極的に利用する気になるだろうか?大好きな恋人とセックスしているところが流出して、人生がメチャクチャになってしまう…これはテレビや雑誌の中の話ではない。

実際にラブホテルでの盗撮で悩まされている人がたくさんいる事を理解しておかないといけないだろう。

「自分だけは絶対に大丈夫!」なんて甘い事を考えていてはいけない。一度流出してしまった盗撮映像は回収する事はほとんど不可能だ。

楽しい人生を送りたいのであればラブホテルを使う際は十分に注意してもらいたいものである。

小型カメラにも闇が存在している事を知って欲しい

2月 4th, 2015

防犯対策にび上に便利だと言われている小型カメラではあるが、そこには闇が存在している事を理解してほしい。非常に便利なアイテムである事は間違いないが、それでも注意しておかないといけない事があると言う事だろう。

小型カメラと言うのは本来、防犯を目的に開発されているはずである。自分の身を守るために作られたものであって相手を攻撃するものではないはずだ。自分が平和に過ごすために開発されたものであるべきなのは言うまでも無い事だろう。

盗撮に悪用される小型カメラ

しかし!中には小型カメラを盗撮に悪用してしまう人間がいる事を忘れないでいてもらいたい。

小型カメラはその名の通り外見からはカメラである事が分からない事ごほとんどだ。これで本当に撮影出来るのだろうか…そう不安になってしま人がいてもおかしくはないのではt思う。しかし、かなりの高性能に進化してしまっているので盗撮に使ってもかなり鮮明な映像を撮影する事が出来てしまうのである。

これは本当にどうにかした方が良いだろう・・

このままでは盗撮に苦しんでしまう女性が増えてしまうのではないだろうか?

こうした小型カメラの闇は確実に存在している。もしも貴方に良識と言うものがあるのであれば、絶対にこんな事には使用しないでもらいたいものである…

参考サイト:小型カメラのdaytona