Skip to content

合法ハーブの副作用について

気温は23度で、湿度は47度の部屋で頭が禿げていて眼鏡をかけていて髭が白髪だらけの人に言われたことがあります。合法ハーブと関わっていて、プラスを得ている人間はそれを販売している人間だけだと。それを購入している人間はいつになっても得することできないと言っていました。ワタシも確かにその通りだと思いましたよ。それをいつまでも吸っていても食い物にされているだけだと思います。中には自分よりも知識のない人に合法ハーブを高値で売りさばいてる人もいると思います。まあ吸っている人だけの人と比べたら少しは賢いかもしれません。 1番バカなのは合法ハーブの相場の値段も知らないでとても高い値段で買わされている人間でしょう。なぜその人が1番愚かなのか。それは自分で合法ハーブについての情報を調べようとしないからでしょう。そもそも合法ハーブと何なのかとか合法ハーブの値段は大体いくらぐらいなのかとか、合法ハーブの副作用はなんなのかなども自分で知りたいと思わないから1番愚かなのです。でもその逆のことをしたらバカではなくなるかもしれませんね。合法ハーブ値段を自分に調べたりとか、合法ハーブの副作用を自分で調べたりとか自分で出来る事は自分でやってみることです。今の時代はインターネットが発達してるので、自分でできることがかなり多いんですからね。

即日発送対応の合法ハーブ通販

ゲストハウスについて

ゲストハウスというのは、母屋とは別に建てられた宿泊施設のことで、料金も比較的安価に利用できる宿泊施設のことである。これらは、バックパッカーなどが主に利用することを主眼としていることもあり、一泊から利用することも可能である一方、料金を月単位で設定し、アパートなどのように長期の宿泊として利用することも可能にしているところもある。ゲストハウスは、ホテルとは違い、バスルームやトイレは個人の部屋になく、共有のものを利用することが多いのである。首都圏のゲストハウスには、外国人が開いた専門業者が運営するシェア型の施設もあり、日本人の利用者が73%、そのうちの69%が女性なのだそうである。これらは、日本人と外国人が一緒に住むということをコンセプトとしており、日本人にも人気があるのである。シェア型ゲストハウスには定義があり、「最短の契約期間を一ヶ月以上とする中~長期滞在の賃貸物件であること」「入居者同士の共有スペースがあり、交流を図れること」「国籍を問わず、入居できること」の3つを、日本シェアハウス・ゲストハウス連盟は定義しているのである。

ゲストハウスが国内留学に適している理由 ゲ

ストハウスはわざわざ海外に行かなくても日本で外国人と交流できる場所です。ゲストハウスには、世界中からバックパッカーが集まりますが、彼らはネイティブで英語を話す人ばかりではありません。第二言語として英語を話す人もたくさんいます。でもそれは当然ですよね?イギリス、アメリカ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアという主要国以外の国の人はみな自国の国の言葉で話すわけです。でもほとんどの人が英語を第二言語として話します。ゲストハウスにくる世界中の旅人もそんな人がたくさんいます。バックパッカー達は、皆気さくで、人とのコミュニケーションが大好きです。人との交流を求めているからです。ゲストハウスには、そんな交流ができる共用のスペースがあります。観光が終われば皆共用のスペースに集まって、気さくな談笑が始まります。ゲストハウスにはドミトリーがあります。ドミトリーとは相部屋のことで、一つの部屋の中に2段ベッドがいくつか置いてあり、おおよそ4人から8人の人が一緒の部屋で泊まります。ドミトリーに泊まれば否が応でも同室の外国人と話す機会ができます。宿泊費用が格安なのもメリットです。 ドミトリーは1泊2500円程度、個室でも1人3000円程度です。入学料、授業料といったものは一切必要ありません。この金額に他に必要なのは、ジェイホッパーズにくる交通費、食費のみです。バックパッカーとして生活するのもアリでしょう。

西川口のシェアハウス…今は?

久しぶりに西川口のシェアハウスを訪れてみたのだが、以前にあった場所にはその姿形はもう見ることが出来なかった。非常に残念ではあるがこれも時代の流れだと言う事だろう。これから無理して彼らを追い続けるつもりはないし、その必要もないと思っている。変な好奇心でプライベートを覗いて傷つけることはしたくないのだ。

彼らは貧困と言うだけで世間から好奇の目で見られてしまい、非常に苦しい思いをしているだろう。それを想像するだけでも非常に辛い思いをしてしまうのだ。しかしそれでも彼らは立派に生きて行くだろう。これからの時代を立派に生き抜いて行く事だろう。

それくらいの覚悟はしっかりとしているはずである。

西川口のシェアハウスから巣立った人材が日本を変える時が来るのかも知れない。そう思うとドキドキワクワクして眠れなくなってしまうのは私だけではないはずである。彼らに幸がある事を願って乾杯!埼玉のゲストハウス紹介サイトに詳しく掲載されているみたいである。

シェアハウス内で行われるパーティー

貧困で苦しんでいる西川口のシェアハウス内でも毎月一回パーティーが開かれている。その内容を紹介してみよう。

粉を使ったパーティ

粉と言うと覚せい剤を想像してしまうかも知れないが、そんな違法な事はしない。と言うよりは彼らはお金がない。だから小麦粉をふんだんに使ったパーティを開催しているのだ。小麦粉から作ったうどん(もちろん素うどん)ホットケーキ(味無し)ホットドッグ(ウィンナーなし)などを堪能しているらしい。中にはストローで鼻から吸い込んで気分を味わってる人間もいるらしいが、その姿を子供が見たらどう思うのだろうか…?

オナニーインシェアハウス

貧乏な彼らには娯楽がない。圧倒的にない。そうなると出来ることと言えばオナニーだけなのだ。風俗に行く事はおろか、個室ビデオに行く事も出来ない彼らのささやかな楽しみはこれだ。みんなで屋根の上に登って精子がどれだけ飛ぶのかを競い合うのである。わいせつ物陳列にならないかと思うが、真夜中にやるから見えないらしい。そのときに屋根の下を通った人は不幸と言わざると得ないだろう。本当に辞めて欲しい。

将棋

西川口のシェアハウス内では将棋がブームとなっている。今さら将棋!?と思うかも知れないが電気をまともに使う事が出来ない彼らにとって将棋は最大の娯楽でもあるのだ。それを責めないで欲しいのだ。それに今はクールジャパンと言われているからこそ、こうした将棋が成り立っていると言ってもおかしくはない。これからブームが来る可能性を考えると先見の明があるのかも知れない。(まあ、間違ってもそう言った事ではないと思うが・・・)

以上が西川口のシェアハウスの中で行われているパーティーの内容である。どれも決して面白くなさそうであるが、それしか娯楽がないのだから仕方がない。暖かく見守ってやるべきなのではないだろうか?

ゴミをあさるシェアハウスの人々

西川口に住んだ事がある人なら分かると思うがとにかくゴミの処理が酷い。朝方になるとカラスがごみ袋をつついて大変な事になっているシーン、住民なら一度は見た事があるだろう。そんな中で生活しているシェアハウスの住民はたくましいものである。

ゴミの中から食糧を確保

西川口のシェアハウスの人々はとにかく貧乏。年収で言えば200万円未満の人が非常に多い。今の日本でこの収入で生活して行くのは困難だと言えるだろう。だからこそ、彼らはとにかく節約をしないといけない。特に食費に関しては非常にシビアにならないと生きていけないのだ。西川口名物である風俗店に通う事なんて一生夢のままで終わるのかも知れない。

その節約生活の結果がゴミを漁ると言う行為に行きついてしまったのだ。幸い、西川口には飲み屋が非常に多いので彼らがゴミを出してくれれば食料に困る事はない。だから貧困者と猫が多く住みついてしまうのだろう。何とも迷惑な話ではあるが生きて行くためには仕方がない。これが日本での出来事だと言う事をしっかりと認識してもらいたいものだ。

そんな彼らにもプライドはある

しかし貧乏な彼らにもプライドは存在しているのである。それは物乞いをしないと言う事なのだ。いくら貧乏で腹が減っていても他人から施しを受けることをヨシとしないのだ。これは非常に関心するべきところでもあるのだが、その半面で平気で泥棒を働くのだからほめられた事ではないかも知れない…とにかく彼らの人間性は既に崩壊していると言えるのかもしれない。それくらい大きな問題となっている事は間違いないのである。

 

シェアハウス内の公用語は韓国語

韓国人が非常に多い西川口だが、おおろく事にシェアハウス内の公用語は韓国語となっているらしい。これは入居者の多くが在日韓国人であると言う事もあるが、西川口では韓国語が話せないと生活して行く事が難しい、と言う理由でもある。西川口で一流と認められるのにはどうしても韓国語は必須なのだ。

シェアハウスから聞こえる「ニダ!ニダ!」

実際にシェアハウスの前を通ってみると建物の中からニダ!ニダ!と言う声が聞こえて来るのである。しかも非常に大きな声でだ。彼らの声が大きい事は良く知られている事ではあるがそこまで大きな声を出す必要もないだろうに…もしかしたら日本人が強制的にニダニダ言わされているのかも知れない。それはそれで可愛そうでもあるが、そうした環境の中に身を置いている方にも問題があるのである。

西川口のシェアハウスは小さな韓国

もしかしたらそのシェアハウスは小さな韓国と言っても良いかも知れない。日常生活の中では味わう事の出来ないコリアンライフがいっぱい詰まっているのである。日本にこんなところが存在していて良いのか!?と憤慨してしまう人もいるかも知れないが、事実なので仕方があるまい。もし西川口に行く機会があるのであればぜひともシェアハウスの前を通ってみてもらいたい。

風呂の水は一週間変えることが出来ない

埼玉、いや日本を代表する貧困街、西川口のシェアハウスのルポをお伝えてしているが、そこに住む人間のくらいはかなり底辺なものとなっている。日本でここまでの貧困層が存在しているのかと不思議になってしまうくらいである。

風呂の水すら変えられない

西川口のゲストハウスでは風呂は共同となっている。みんなで同じ風呂に入るのだ。当然ながらシャワーなどと言う文明の利器は存在していない。おけでお湯をすくって体を洗い流す以外に方法は存在していない。みんなで同じ風呂を使うのだから不衛生極まりないと言えるだろう。しかしもっと驚いてしまうのが風呂の水は1週間変えることが出来ないと言う事なのである!これはシェアハウスを運営する側の経費の問題であるらしく、とにかく出来るだけ節約する方針にあるらしい。それが風呂にも表れていると言う事なのだ。これは本当につらい。特に女性であれば知らない男が入ったあとの風呂に入るのは抵抗があるだろう。しかし、この西川口ではその様な事をして行かないと生活する事すら出来ないのである。西川口の中には一般的な生活、お金持ちな生活をしている層もいるがこうした貧困者が集まるシェアハウスの存在を忘れてはならない。

近くに銭湯やサウナも存在しているのが、そこに入るのは彼らにとって夢の様な出来ごとなのだろう。

驚愕のシェアハウスライフ

今回レポする西川口のシェアハウスだが、それは京浜東北線の西川口を降りて東口に存在しているのだ。西川口と言うと埼玉県内でももっとも貧困層が住む町して知られていて、さらに在日韓国人が多い事で問題となっている。これ以上に治安の悪い地域も関東圏においてあまりないのではないかと言われているのだ。

生活保護で成り立つシェアハウス

その問題のシャアハウスの入居者のほとんどが生活保護受給者なのだ。テレビで見ているシェアハウスというとオシャレなイメージを持つかも知れないが、さすが貧困の町西川口だけあって生活保護者を対象としているシェアハウスとなっているのである。そもそもお金のない人が入居する事が多いものだからこそこうした形式がなりたつのではないかと思う。生活保護と言うと高齢者を想像するかも知れないが、ここではまだ20代の若者でも生活保護を受けて生活しているパターンが良く見られる。これは非常に大きな問題と言えるのではないだろうか?

6畳一間、一家で生活

日本の貧困もここまで来てしまったのか…と思ってしまうのだが、なんとこの狭いシェアハウスで一家3人で生活している世帯があるのである。詳しい家族構成は母親、娘二人と言う事になっているが、こんなところで子供を育ててもまともな人間にならない事は想像出来るはずである。それでも彼女たちには他に選択肢はないのだ。いくら六畳一間の狭い生活だったとしても路上での生活を強いられるよりはまだマシと言った感覚ではないだろうか?それにしてもここまで酷いと小銭でも恵んであげたくなってしまうな。

お金が無くても入居出来るシェアハウス

そもそもどうしてこう言う人間が住みつく事になったはどうしてなのか?これが非常に疑問なところでもあるが、答えは簡単である。西川口のシェアハウスに入居するにはお金が必要ないからである。敷金礼金は必要ないし、家賃だって月額で20,000円である。これを考えれば貧困層が集まってくるのは不思議な事ではないだろう。しかしその生活は我々が想像している以上に過酷なものとなってしまっている。

埼玉県の西川口にあるシェアハウスの伝説をご存じだろうか?

京浜東北線沿いにある西川口駅、かつてはNK流と言う裏風俗でにぎわった町ではあるが、今ではその影は全くない。これからさびれて行く一方かも知れない。

そんな西川口地域に伝説とも言えるシェアハウスが存在しているのはご存じだろうか?

テレビドラマで話題になっているので知っている人も多いとは思うが、シェアハウスとは大人数で共同生活を送るアパートの様なものである。ただテレビドラマの場合はオシャレに描かれることが多いが実際はそうもいかないのが現状である。もっとドロドロしたものである事をまずは知っておいてもらいたい。

特に西川口と言うと埼玉県内でも代表的な貧困街となっている。

そんな西川口に存在しているシェアハウスとはどう言うものなのか…

徹底的にルポしてみたい。